かわいひでとし日記

晴耕雨読

思うこと、こころもち、脳内風景


,,,,,,,,,,
数学映画
0

    JUGEMテーマ:映画

     

     

    モロ文系で数学どころか数字に弱い自分だが、

    いつも自分が好きな映画とは違う2つの映画を見て、

    なんだか感動してしまった事がある。

    いつも自分が好きな映画とは違うというのは、

    その2つの映画が「数学映画」とでも言える内容の映画だったからだ。


    「天地明察」は江戸時代の天文暦学者・渋川春海を描いたもの。


    「アルキメデスの大戦」は戦艦大和建造に関する数学者の物語。


    どちらも、別に数学に詳しくなくても見られるけれど、

    どちらの映画も、なんだか夢中で見てしまった。

    日本の数学といえば、江戸時代の数学者、関孝和が有名で、

    和算という独自の数学で世界よりも早く微分積分を発見したと言われている。

    江戸時代には数学ブームが起こったとも言われていて、

    神社に設問の絵馬をかかげて、その難問を解き合うなんてことが起こっていたそうだ。

    「天地明察」には、そんなシーンが登場する、渋川春海が新しい暦を作る物語。


    「アルキメデスの大戦」では、

    数字は嘘をつかない、数字こそ真実だ、と言っていた若い数学者に

    真実?そんなものに何の意味が有る。

    実社会にはそんなものではゆるがない真の正義というものが有るんだよ、

    と言う老いた造船中将は、この戦争の終わり方まで見据えていたのだった、、、。


    数字に弱い自分が数学の事を語るのは無理が有るのだけれど、

    そんな自分でもすごく面白く映画を見られました、という話です。

    この2つの映画、別に数学に弱くても大丈夫なんで、お勧めします。


    アルキメデスの大戦 山崎貴:監督 菅田将暉:主演
    https://eiga.com/movie/89507/


    天地明察 滝田洋二郎:監督 岡田准一:主演
    https://eiga.com/movie/56036/



    文系味噌


     

     

     

    Twitter

     

    @kawaihidetoshi

     

     

    メンズエアロサークル(東京都内)

    筋トレしかしていない人、
    きつい有酸素運動をしたい人、
    健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

    スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

    詳しくは↓こちらへ
    http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

     

     

     

     

     

    | かわいひでとし | 映画やテレビ歌舞伎や芝居 | 09:52 | comments(0) | - |
    右と左の戦い
    0

      JUGEMテーマ:社会の出来事

       

       

      政治の立場が右寄りの人と左寄りの人がいて、その人たちの論争を聞いていると、

      これはもうどこまで行っても折り合う事は無い、と思います。

      まあ、無理でしょう、と思います。

      どうしてかと言うと、初めに結論ありき、であって、もっと突き詰めると、

      好きか嫌いか、なのであって、もう、いくら議論を重ねても、

      理屈じゃなくて好き嫌いなのであって、もう、絶対ムリ、と思います。


      今まで色々な「問題」について国会だのテレビだのなんだので「議論」をしているけれど、
      じっと聞いているとやっぱり始めに結論ありきなんだなと思う。


      10年以上前、自分の日記に「逆転討論」をしたらどうか、なんて書いた事が有った。

      自分と反対の立場に立って議論する、というもの。

      例えば、改憲派は護憲派の意見を代弁し、護憲派は改憲派の意見を代弁して議論する、

      というもの。

      それだと好き嫌いとか始めに結論ありき、ではなく議論できるのではないか、なんて思ったのですが、、、、。

      無理なんでしょうよねぇ。

      無理すよね、そもそもそんな事やらんよね。

      始めに結論ありき、だから揚げ足取りみたいな話ばかりになる。

      国を良くするため、というお互い一致しているはずの目標に向かって議論出来ない。

      反対する、だの、悪いだのと言うばかりで、ちっとも具体的な話はしない、

      違う話をくっつけて論じる、

      説明責任を追求しながら自分の事は説明しない、

      こういうのは全部、はじめに結論ありきだからなのではないか。

      そしてそれを商売にしている人が居る。

      国会議員になって金を受け取れればそれでいいだけの、

      なんでもいいから政府を叱っている姿を見せたいだけ、なのだ。



      さて、学術会議の任命を拒否した理由をはっきり言えと言うが、

      総合的、俯瞰的に、というのは、要するに偏っているということだ。

      これを具体的に説明すると、ある特定の国を悪く言う事になるから言わないのではないのか。

      自衛隊の研究はだめだが人民解放軍の研究には協力するというのはおかしい、

      というのは、もっとはっきり言うと、

      防衛する軍隊の研究はするべき、侵略する軍隊に協力すべきではない、

      という事なのではないか。



      「アベガー」と言われる人々がいた。

      安倍のやることはなんでも悪い、全て安倍が悪いと言う人をからかって「アベガー」と言うのだが、自分から見ると「アベガー」は思考停止にしか見えない。

      あんなに仕事をした総理大臣が今までいただろうか。

      ダイヤモンドセキュリティの提唱などはお見事と言うほかないと思う。

      いわゆる「共謀罪」は日本にスパイ防止法が無いから必要だったのではないのか。

      軍事的に不利になる事を防ぐのは当然ではないのか。

      居酒屋で政府の悪口を言ったら逮捕される法律だと言う人がいるが、何を言っているのだろう。

      そんなことのためにやるわけではなく、中国の目に見えない侵略に対抗するためだろう。
      安保法制に反対する人々も、軍事関連ならなんでも反対するだけの思考停止にしか見えない。

      すぐ隣に複数の敵対的な国が有るのだから、防衛力を強化しなければならないだろう。

      その、すぐ隣の敵対的な国が無くなったら、防衛力は必要最低限で構わないと思う。

      しかし、すぐ隣に実際に有るのだから対抗できる防衛力を持つのは当然で、

      それは相手が気軽に手を出して来ない様にするためであって、他国を侵略するためではない。

      フィリピンから米軍がいなくなったらすぐに手を出し、

      自分より軍事力が下と見る国には高圧的な態度で領土を広げてくる国がすぐ隣にいるのだ。

      話し合いで解決するというのが絵空事で、実際無理だということは、

      去年のレーダー照射問題でいやというほど思い知らされたではないか。



      ということで、自分としては左の人は思考停止に見えるのだ。

      さらに言えば、単に商売でやっているだけなのだと思うのだ。

      テレビカメラの前で政府を叱っている姿を見せて選挙に通りたいだけなのだと思う。

      そんなわけで、自分としてはどうしても右寄りの人の意見に賛同することが多い。



      「天皇制」反対な人、天皇なんて税金の無駄という人、

      これも要するに好き嫌いの問題ではないのだろうか。

      だけど、2000年の歴史を考えてみれば、天皇が居るから日本なのであって、

      天皇がいなければ日本ではないのであって、

      ずっと一つの国としてやってこられたのはどう考えても天皇がいたからなのではないのか。

      日本を日本ではなくするのはいただけない。

      そもそも、「天皇制」を否定するほど、どうしてあんたはそんなに偉いのかと聞きたくなる。

      自分は先祖に感謝こそすれ、先祖を否定できるほど偉いとは思っていない。

      さらに女系天皇を認めるのは、日本という国を何か他の国にしようという事だと思う。

      女性女系天皇

      そんなわけで、自分はどうしても右寄りの考えに賛同するし、それが現実的だと思うのだ。

      「ネトウヨ」という言葉を使う人が居るが、そんなものはいないのだ。

      その言葉でひとくくりにしている時点でもう、思考停止なのだと思う。





      ちょっとずつまとめてみた

      裏表

      Dupesな人々

      ニュースってなんなのよ


       


       

       

       

      Twitter

       

      @kawaihidetoshi

       

       

      メンズエアロサークル(東京都内)

      筋トレしかしていない人、
      きつい有酸素運動をしたい人、
      健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

      スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

      詳しくは↓こちらへ
      http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

       

       

       

       

       

      | かわいひでとし | 世の中 | 18:29 | comments(0) | - |
      何が面白いかわからない人々
      0

        JUGEMテーマ:趣味・日常生活

         

         

        昔、歌舞伎を見に行くと言ったら、一緒に行きたいというので友達を連れて行った事があった。

        歌舞伎座の前まで来て、ふと思い当たって、

        あんた、こういうの見てもわからんのとちゃうの?

        と言ったのだが、大丈夫だと言うので一緒に入ったのだった。

        その友人はディズニーのアニメ映画だのが好きな人で、歌舞伎なんか見てもわからんだろうなあと思ったのだった。

        で、やっぱりあまり良さは解らなかったようだった。



        今日、友達が遊びに来たので、男子新体操の動画を見せてみた。

        見せながらルールや技などについて解説したのだが、

        「何が面白いのかわからない」と言うのだった。

        まあ、そうでしょうよ。

        わからんのですよ。

        いっくら美しいだの凄いだのなんだのと言ったところで、わからん人にはわからんのです。

        そういうわけで、男子新体操の苦難の道程はまだ長いのでしょう。

        多分、これは、単なる多分なのだが、

        こういうものを良いと思う人は、全人口のうち、3割もいないんじゃなかろうか、、、、、。

        あとはどんな人がいるのかというと、もっとかなり分かりやすくなっていないと駄目な人々だろう。

        中国雑技団みたいな事をしないと駄目なのだろう、と思うのであった。

        しかし、全人口の2割でも分かる人がいれば、大変な数になるわけで、

        ゆっくり気長に、地味な部分の良さをわかってくれる人にファンになって貰えれば、と思うのでありました。

        ちなみに、今日遊びに来た友人に、高校数学の問題集で解らなかった問題を教えてくれと言ったところ、、、

        わからん

        と言うのでした。

        おめーは一体何がわかるんじゃ。




        映画の見方

        歌舞伎の演目

        日本生まれの美しいスポーツ 男子新体操入門

        学力が有っても教養の無い人々

        MRGの少なさよ、、、


         

         

         

        Twitter

         

        @kawaihidetoshi

         

         

        メンズエアロサークル(東京都内)

        筋トレしかしていない人、
        きつい有酸素運動をしたい人、
        健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

        スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

        詳しくは↓こちらへ
        http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

         

         

         

         

         

        | かわいひでとし | あれだのこれだの | 11:51 | comments(0) | - |
        夜の室戸岬 夏の新潟沖
        0

          JUGEMテーマ:趣味・日常生活

           

           

          中学生の頃だったろうか、、、

          先生が出した宿題は天気図を作ることだった。

          NHKの短波放送で気象通報を聞いて、各地の気圧をプロットし、それを線で繋げて天気図を作るのだ。

          夏の夜、1人で机に向かってラジオを聞く。

          NHKの男性アナウンサーが淡々と読み上げる各地の気圧や風力。

          室戸岬、南南西の風 風力5 雨 26ミリバール、、、、

          行ったことも見たことも無い室戸岬の風景が浮かんでくる。

          真っ暗な海に突き出した岬に雨が降っている。

          なんだかその場に居る様な気がしてきて、心細い気持ちになってくる。

          真っ暗な岬の高台から黒い海を見つめてみる。

          誰もいない山肌に雨が静かに降っている。

          砕ける波の音も聞こえてくる。

          中学生の想像力は、500キロ彼方の風景を頭の中いっぱいに広げるのだった。



          それから20年後、自分はダイバーの仕事をしていた。

          殆どは工事の仕事なのだけれど、たまに海洋調査の仕事も入って来る。

          チャーターした小さい漁船に乗って沖に出る。

          そして、記録を取る。

          天候 晴れ、雲量3 気温23度、、、、と声を出しながらノートに書いていく。

          「あ、前線がはっきり見える」の声に目を上げて沖を見ると、

          雲がモクモクと立ち上がって、長い壁を作っているのが見えた。

          あー、あれが前線かー。

          低気圧と高気圧の境界線。

          雲が斜めに反り上がってその姿を見せている。

          眺めていると、濃い空気と薄い空気がせめぎ合って斜めに入り混じっている風景が頭の中に広がった。

          高気圧が低気圧の下の方に潜り込んで斜めの境目を作っている。

          その境目に沿って、雲がモクモクと湧き上がっている。

          飛行機であそこに行ったらどんな風景なんだろう。

          想像の中でそこへ行ってみると、遠くから見ていたよりずっと雲は薄く霧のようになっていて、どこが境目なのか見ることは出来ないのだった。

          空はでっかいなあ、、、

          台風のシーズン、気象情報で室戸岬とか足摺岬という地名を聞くと、あの頃の事をふっと思い出すのだった。



          気象通報 19921130 18時(ミリバール最後の気象通報)
          https://youtu.be/ban66z0gavk?t=86
           

           

          妄想 空の広さ

          夜の国道135号線とネコの話

          水中土方の四季



           

           

           

          Twitter

           

          @kawaihidetoshi

           

           

          メンズエアロサークル(東京都内)

          筋トレしかしていない人、
          きつい有酸素運動をしたい人、
          健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

          スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

          詳しくは↓こちらへ
          http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

           

           

           

           

           

          | かわいひでとし | あれだのこれだの | 21:22 | comments(0) | - |
          ちょっとずつまとめてみた
          0

            JUGEMテーマ:社会の出来事

             

             

            日本学術会議について

            千人計画 スパイ防止法 などについて調べてみるといいかもです。

            日本にちゃんとしたスパイ防止法が有れば、ガースーも、法律違反だからと理由をはっきり言えるけど、無いからむにゃむにゃ言って拒否ってるって感じでしょうか。
            自衛隊には協力しないが、人民解放軍の軍事技術には協力しているから、的なことですね。

            安倍さんが共謀罪を作ったので、ある程度はスパイ防止法の代わりになるので、
            それで英米も日本をファイブアイズに加えようとする様になった。
            それまでは、同盟国である米国から軍事情報を教えてもらえなかった。

            なんで軍事情報が必要かというと、すぐ隣に日本を狙っている国が複数あるからです。

            日本学術会議だけでなく、例えば日弁連、例えば日教組、例えば朝日新聞というのはどこの国の人たちなんでしょう、日本を貶めて、外国の、それも日本を狙っている様な外国の利益を重視してしまうのはなんなのでしょうか。



            戦争放棄について 自衛隊について

            「国権の発動たる戦争」を放棄しているけれど、攻めてこられた時に自衛する権利までは放棄していない。
            「国権の発動たる戦争」という概念は、昔、国際連盟で出来た概念で、要するに侵略戦争のことです。自分の領土を拡張しようとする戦争のことです。


            自衛隊をちゃんとした軍隊にしなければならない理由

            ふつう、軍隊というのは司法が独立しています。軍法会議というやつですね。
            自衛隊にはそれが無い。
            例えば、攻めてきた外国の兵隊を自衛隊員が撃って殺した場合、殺人罪で起訴されてしまう可能性が有る。共産党みたいなところがそんな事をやる可能性が有る。
            なので軍法会議を作って司法を独立する必要があり、そのためにも自衛隊をちゃんと軍隊にする必要が有る。

            個人的に思うのは自衛隊員の給料を2倍にするべき、ということも。

            こういうことについて、「戦争をしたがっている」と言う事を言う人がいるけれど、
            去年のレーダー照射事件を思い出してみてほしい。
            「話し合いで戦争をおこさない」というのがいかに無力なことか、思い知らされたのではないでしょうか。
            やってくるならやりかえすよ、という事にしておかないと、やってくる、ということ。


            中国の孤立化

            近平はかなりヤバいところまで来ているようです。
            中国は孤立化に向かっています。
            アメリカが共和党政権である限りはこれがどんどん進むのではないか。
            昔の日本と同じです。アメリカの圧力で孤立化に向かい、どーしようもなくなると戦争になる。

            その前に共産党政権が瓦解しないとならないのではないか。

            中国人が悪いのではなく、中国共産党が悪なのだ。
            色々な考え、色々なイデオロギーが有っても良いけれど、中国共産党ははっきりと悪であると言えるのではないか。

            自国民(占領地域を含む)を何千万人も殺す政府は悪です。
            占領した地域の人たちから、言葉を奪う政府は悪です。
            はっきりと悪であると言える。
            チベット、ウイグル、内モンゴル、香港、文化大革命、などなど、、、

            って感じでしょうか、、、。
            あとは自分で調べてみなはれ。


            街頭で世界平和、核兵器廃絶を訴える署名活動をしているおばちゃんたちがいました。

             署名を集めて国連に提出するのだそうです。

             国連の常任理事国は核兵器を持っていますよ。


            朝日新聞の実売数が激減して、まもなく300万部を切るらしい。



             

             

             

             

             

             

            備忘録思索


            かわいひでとし
            ホームページへ
            広告無しのホームページへ是非どうぞ


             

             

             

             

             

            | かわいひでとし | 世の中 | 06:27 | comments(0) | - |
            裏表
            0

              JUGEMテーマ:社会の出来事

               

               

              今、いろんなところにAEDが設置されていますね。

              まあいい事だとは思います。

              が、しかし、ふと考えてみたりします。

              こんなにたくさんのAEDが設置されているというのは、業者と役所の癒着などによるものだったりするのだろうか、、、なんて。

              何も調べていないのでうかつな事は言えませんが、ふと、そう思ったりしたのでした。

              自分は昔、エアロイントラをやっていたので、毎年、「救急救命心肺蘇生法」の講習を受けていました。

              しかし、それが必要になる場面に遭遇した事は、ただの1度も有りません。

              なので、ふと、思ってしまったんですかね。すいません。

              ただ、こういうふうに、何か裏が有るんじゃないか、と思う事は良く有りますね。

              キリシタン弾圧の歴史、と聞くと、人権を無視した極悪非道な悪政、みたいなイメージを持つと思いますが、さてどうでしょうか。

              スペイン、ポルトガルなどのカトリックの国は、まずキリスト教を布教して、民衆を味方につけ、その後軍事力や圧力によってその国を植民地化し、現地人を奴隷として売ったりしていったわけです。

              それに気づいた豊臣秀吉が、日本人を奴隷として売る事を禁止し、キリスト教の布教を禁止し、バテレン追放令などを出し、それを引き継いだ徳川幕府が、プロテスタント国であるオランダだけと限定的な貿易をすることになりました。

              なので、キリシタン弾圧といっても、植民地化されるのを防ぐ戦いでもあったわけです。
              弾圧されたキリシタン、かわいそう、だけでは済まなくなって来るのです。


              国連で子供が地球温暖化について演説したり、何かの決議をしたり、#metooなどがもてはやされたり、一見美しく見える事の裏側まで見てみると、業者との癒着であったり、何かの陰謀であったり、へんなものまで見えてくる事が有ります。

              black lives matterの運動も、陰で中国共産党が糸を引いていたり、と、一見美しく見えるものも疑ってかかる必要を感じます。

              普段、SNSに何気なく流れてくる情報も、実は工作であったり、なんらかの力が働いているのではないかと思えるものも多く有ります。

              それが某国の工作である様に見えるものや、単に商業的な工作や炎上商法だったり、特定の団体の差し金であったりと、色々な場合が考えられますが、そういうものは実にたくさん有るのではないでしょうか。

              そんなスパイ映画みたいな事が、、、実は普通にたくさん有るそうです。

              官僚が某国に出張するとき、家族で行く様に、とか、夜女性が訪ねてきても部屋に入れるな、とか、注意されるそうです。
              ハニートラップにかかってしまう人が少なからず居るのだそうです。

              LINEがアブナイとか、tiktokがやばいとか、ファーウェイのスマホは危ないとか言われますが、本当にそうなのか、一般庶民には調べる力もありませんから、何とも言えないのだけれど、ちょっと気にしてみるなり、考えてみるなりしてみてもいいんじゃないでしょうか。
              ネットで調べてみるくらい(そのネットにも嘘の情報が有ったりしますが)してみてもいいんじゃないでしょうか。

              アイヌの権利を守る運動が有りますが、表面的にはみんな同意する様な事でも、よくよく背景を探ってみると、なにやら怪しい影が見え隠れしていたり、沖縄の基地反対運動の陰にどこかの国の影が見えたり、なんだかもう、何を信じていいのやら、という感じです。
              これって、あそこの工作なんじゃないの?と思ってみると、全てが辻褄が合ってくるなんて事も良く有ります。

              芸能人が一斉に発信した例の問題も、よくよく調べてみる必要が有ると思いました。

              昔、「安保改定反対」という運動が盛り上がった事が有りましたが、あのデモをしていた学生たちの殆どが、どんな条約なのか読んだ事すらなかった、という話が良く語られます。

              何かを目にした時、すぐに飛びつかないで、ちょっと考えてみたり、ちょっと調べてみたりするのは必要なんじゃないでしょうか。

              そんな事を考えると、何が本当なのかさっぱりわからなくなってしまいますが、でもまあ、世の中、そんなに綺麗じゃない、という事でしょうか。




              Dupesな人々

              ニュースってなんなのよ



               

               

               

              Twitter

               

              @kawaihidetoshi

               

               

              メンズエアロサークル(東京都内)

              筋トレしかしていない人、
              きつい有酸素運動をしたい人、
              健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

              スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

              詳しくは↓こちらへ
              http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

               

               

               

               

               

              | かわいひでとし | 世の中 | 11:21 | comments(0) | - |
              後悔しないために
              0

                JUGEMテーマ:スポーツ

                 

                 

                後悔しないために、
                10年、20年後の自分の為に、

                有酸素運動を習慣にしよう。

                メンズエアロサークルやってます。

                痩せたい人は、運動なんかしなくていいから

                まずは、ダイエットしましょう。

                鍛えたい人は、筋トレだけでなく有酸素運動を、

                軽くではなく、鍛える強めの有酸素運動を。



                スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロのサークルです。

                低難度、高強度の競技系、メンズエアロサークル。


                筋トレを一生懸命やっている人、有酸素運動もやらなくちゃです。



                なぜ有酸素運動?

                心肺機能強化、循環器系機能強化、骨密度UP、
                免疫機能強化、などの効能が有ると言われていますが、

                個人的に実感するのは、若さを保つこと、肌がきれいになること、です。

                有酸素運動は、週に2〜3回、適度な強度で一定時間行うことが必要です。

                スポーツクラブでエアロビクスをやるのはとても良い事です。

                しかし、

                まだまだ元気で体力が有る人は、「健康維持」だけでなく、鍛える為の有酸素運動も、

                時々やりましょう。

                体力をつける、少しきつめの運動をやるサークルです。

                体力とは、筋力、持久力、柔軟性の事を言います。

                筋肥大だけでなく、総合的な体力をつけましょう。


                こちらのページに日程などの案内が有ります。
                参加をお待ちしています。



                エアロビクス
                http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                 

                 

                 

                 

                | かわいひでとし | ライフ | 07:11 | comments(0) | - |
                たちの悪い嵐
                0

                  JUGEMテーマ:社会の出来事

                   

                   

                  このコロナ禍は、もう過ぎ去りつつあるものかもしれない。

                  けれど、この2020年を生きた人は、後年、この経験を糧にしなければならないだろう。

                  一体何が起こったのか、もう一度整理してみてはどうでしょう。

                  この経験をしっかり踏まえることで、後年、新たな危機が起こった時の力になるのではないでしょうか。

                  というわけで、「2020年はコロナでひどかったんだよ〜」と言うだけではなく、

                  何がどうなって、何がまずかったのか、整理しておいて、

                  後輩たちに伝えられる様になっていなければならないのではないでしょうか。

                  ということで、この本を一読する事をお勧めします。


                  官僚というものが、いかに自分の保身にしか興味が無いのか、国民はどーでもいいと思っているのか、という事が色々書かれています。

                  厚労省というものが感染症に対して無力だったこと、それに比べて細菌兵器などに対応するノウハウを持っている自衛隊が、ダイヤモンドプリンセス号に1700人もの隊員を派遣して一人の感染者も出さなかったこと。

                  武漢から共産党の圧力をかいくぐってSNSで現状を発信した人たちがたくさんいたにも関わらず、これは大した病気ではないと言っていた「専門家」なる人々。

                  重大な事が起こりつつあるときに、「桜を見る会」の事しか話していなかった国会議員。

                  習近平来日や、春節のインバウンド、そして東京オリンピックに忖度しすぎて対策をとらなかった政府。

                  あらゆる問題がコロナによって浮かび上がって来たのです。

                  また、日本の企業がどっぷりと中国頼みになっていて、かなりのんきな事とかも書かれています。

                  政府はこれを教訓として、サプライチェーンの見直しを始めましたね。

                  中国から撤退する企業にお金を出すような事を始めました。

                  この本は今回のコロナの事を書いていますが、危機管理のバイブルにもなる本だと思います。


                  コロナの当初は、たいした病気ではない、との認識だった事は、

                  自分としては仕方がなかったのかもしれないと思うけれど、これは危ない、と思った時点でぱっと切り替えられるかどうか、なのではないだろうかと思います。

                  というか、これは危ない、と思えるかどうか、

                  そして、のんきな事を言っていないで、さっさとやらないと!と思えるかどうか、

                  でもあるのだろうと思います。



                  仕事が終わったら飲みに行ったり、休みの日は遊びに行ったりして、

                  仕事の事をすっかり忘れているのって、少しキケンな事だと、個人的には思います。

                  月曜日に出社して、え? とか思って、そんなことまで考えていなかった、とかになった事ってありませんか?

                  例えば創業者の様な人や、一人で商売をしている様な人だと、

                  一日中、24時間仕事の事を考えていたりして、寝ているときに、ふっとアイデアが思い浮かんだり、

                  あ、あれを忘れてた!とかを思い出したり、仕事時間以外に気が付く事って多いと思いません?

                  時間が来たら仕事の事をすっかり忘れてしまう生活をしていると、危機感を持つのが難しくなる、という事はないでしょうか。

                  じゃあどうせいというのか、、、。

                  殆どの場合、サラリーマン気質では危機管理だの責任有る立場だのは務まらないのかも、、、、。

                  24時間仕事の事を考えている様な感じでないと、「そうなのか、じゃあすぐやらないと!」

                  みたいな感じにはならず、「まあ、だいじょぶじゃない?」みたいな感じになっちゃうんじゃないですかね、、、。

                  学校だの会社だので、突然火災報知器が鳴った事ってありませんか?

                  そういうとき、なぜか殆どの人が、「誤作動でしょ」的にのんびりしているのを見た事ありませんか?

                  そういうとき、その場に責任を感じている人だと、これは誤作動かもしれないが、一応すぐ避難しろ、っと言うんじゃないでしょうか、、、。

                  総理大臣ともなれば、さすがに24時間仕事の事を考える様な生活になるでしょうが、ただ、総理ともなると守備範囲が広すぎて、それぞれの部署に任せなければなりませんけどね。

                  責任を感じる事が出来る人、危険に気が着ける人、でないと、大臣をはじめ、省庁の幹部は務まらないですよね。

                  小さな事から大きな危険に気が付くというのは、やはりかなり広い教養を持ち、

                  仕事に責任を感じていないと出来ない事なのではないでしょうか。

                  教養とは、豊富な知識のことではなく、豊富な知識の間を埋めるものだと思います。

                  それは時には経験であったり、時には想像力であったり、時には責任感であったりもすると思います。

                  働き方改革とか言ってる場合じゃないかもです。

                  自分の子供、子孫、後輩たちに伝える為にも、是非読んでみてください。

                   

                  よく「事実はひとつしかない」なんて事を言うけれど、実は、事実は複数有ります。

                  武漢が封鎖されるほどの感染症が流行っている、

                  中国主席が国賓で来日する

                  春節で中国人観光客が大挙して来日しインバウンドが期待できる

                  7月に東京オリンピックが開催される

                  というように、いくつもの事実が重なって現れてきます。

                  そこから何を優先するか、それはもう、感性とでも言ったほうが良いのかもしれない。

                  日頃の意識の持ち方が大事なのかもしれない。

                  知識と、それを駆使できる教養が大事なのかもしれない。

                   

                  自分の座右の書である、サン・テグジュペリ著「人間の土地」にこんなくだりが出てきます。

                  真摯に仕事に向き合う、尊敬する先輩について語った部分です。

                  ギヨメ君、きみは自分の敵に挑みかかるにあたって、いきなりまず相手を嘲笑したりする必要を感じたりする男ではない。
                  性質(たち)の悪い暴風雨(あらし)に直面した場合、きみは判断する。
                  「これは性質の悪い暴風雨だ」と。
                  きみはそれを正面から受けて立ち上げり、きみはそれを測る。



                  最後に、日本に国民皆保険制度が有る事には改めて感心してしまいます。

                  そうしようとした時、そんなもん、財源はどーすんだ、できるわけねーだろ、なんて言われながら成し遂げた先人たちを尊敬します。
                   

                   

                   

                  精神の風が粘土の上を吹いてこそ、人間は創られる

                   

                   

                   

                  Twitter

                   

                  @kawaihidetoshi

                   

                   

                  メンズエアロサークル(東京都内)

                  筋トレしかしていない人、
                  きつい有酸素運動をしたい人、
                  健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                  スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                  詳しくは↓こちらへ
                  http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                   

                   

                   

                   

                   

                  | かわいひでとし | 世の中 | 00:43 | comments(0) | - |
                  女性女系天皇
                  0

                    JUGEMテーマ:社会の出来事

                     

                     

                    女性天皇と女系天皇の違いはお解りでしょうか。

                    「あなたは女性、女系天皇に賛成ですか?」というアンケートに、多くの国民が「賛成」と答えています。

                    しかし、女性天皇と女系天皇の違いを「わからない」と答えるのも大多数です。

                    「男女平等の世の中だから」という理由で賛成する人も多い様です。

                    「男女平等」だの「民主主義」だのを引き合いに出すのは意味不明です。


                    「あなたは女性、女系天皇に賛成ですか?」という質問は意味不明です。

                    女性天皇と、女系天皇では全然意味が違うからです。

                    これを同列に並べて質問する事自体、全く意味がわかりません。


                    ここでくどくど書くよりも、ちょっと調べてもらえればすぐ分る話です。

                    kazuyaさんに説明してもらいましょう。

                    https://www.youtube.com/watch?v=KUvIvTsOwfU


                    これとか
                    https://www.youtube.com/watch?v=8a4N72rTap07



                    今、とても分かりやすい具体例が有ります。

                    眞子さまと、小室圭さん。

                    もし眞子さまが天皇になって、小室さんと結婚したら、と考えてみると、

                    眞子さまは、男系の女性天皇です。

                    しかし、その子供が次の天皇になると、

                    これはもう、女系天皇で、小室家が天皇家になる、という話です。

                    物凄くひらたく言うと、「ありがたみ」が無いという話です。

                    結婚さえすれば、誰でも天皇に、天皇家になれてしまいます。

                    「ありがたみ」が無い天皇なんて、意味有りますでしょうか。


                    天皇は選挙で決めるわけでもないし、勝ち取る権利でもありません。

                    2000年前からずっと、男系が126代にわたって継がれている「義務」であって「権利」ではありません。だから豊臣秀吉や徳川家康でも天皇にはなれませんでした。

                    戦争などで天皇を倒して、「今日から俺が天皇だ」と言っても誰も認めないわけです。

                    だからこそ天皇なのではないでしょうか。

                    「男女平等」は全然関係のない話です。


                    でも、男系にこだわると、後継ぎがいなくなってしまう、という心配が有ります。

                    そこで皇族の復帰という話が出てきます。

                    皇族というのは天皇の子孫で、昔の貴族階級です。

                    この皇族を、GHQに廃止されてしまいました。

                    皇族がいれば、後継ぎに困ることはありません。

                    元々天皇の親戚であった「旧皇族」に復帰してもらえば良いのではないでしょうか。

                    ただ、これには色々意見が有ります。

                    んでも、元々皇族だったんだから、、、。

                    もう70年以上も一般庶民として生活していた人をまた皇族に戻す事に違和感を覚える人もいると思います。

                    けど、あの方々はそれなりのお上品な生活を今でもしていらっしゃいます。

                    「ありがたみ」を残して継続していくには、これしか無いのではないでしょうか。

                    と、思いますが、どうでしょうか。

                    最後にこれを見てみましょう
                    https://www.youtube.com/watch?v=DoPRQ6HuRmY




                     

                     

                     

                    Twitter

                     

                    @kawaihidetoshi

                     

                     

                    メンズエアロサークル(東京都内)

                    筋トレしかしていない人、
                    きつい有酸素運動をしたい人、
                    健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                    スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                    詳しくは↓こちらへ
                    http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                     

                     

                     

                     

                     

                    | かわいひでとし | 世の中 | 12:24 | comments(0) | - |
                    サマーフェスティバル in 大阪
                    0

                      JUGEMテーマ:歌舞伎

                       

                       

                      大変お世話になった人の息子さんがトラブルを起こしてしまい、彼をかくまう為に仲間たちが奔走するものがたり。

                      夏祭りの季節の大阪です。

                      彼をどこにかくまうか、という話になったとき、お辰さんという女性が、ぜひ、私のところに、と言います。

                      しかし、若い男を若い女の所にかくまうというのはどうもまずい、思案のほか、という事が起こりうるから、と、リーダー格のサブに言われてしまいます。

                      お辰さんはムっとします。

                      何を言ってるんですか、あほらしい、、。

                      いや、でも、あんたの顔には色気が有るからダメだよ、とサブは言います。

                      私が大変お世話になった人の息子さんです、私がお世話したいのです、と、お辰さんは頭に来てしまいます。

                      お辰さんは、部屋の片隅に有った火鉢に目をやります。

                      そこには鉄棒がかかっていて、熱くなっていました。

                      お辰さんはとっさに、ある決心をします。

                      すっと立ち上がって火鉢の所へ行き、熱くなった鉄の棒を取って、

                      顔に押し付けたのです。

                      顔はやけどで醜く傷ついてしまいます。

                      お辰さんは、きっぱりと言います。

                      サブさん、思案のほかというこの顔に傷つけました、これでも色気が有りますか?!

                      このやんちゃな若者たちの物語、実は、江戸時代に作られた若者たちのドラマです。

                      歌舞伎で演じられる「夏祭浪花鑑」(なつまつりなにわかがみ)という演目の1シーンです。

                      お辰さんが女の心意気を見せる、見せ場です。



                      18代目中村勘三郎さんが、ニューヨーク公演に選んだ演目でもあります。

                      このニューヨーク公演は地元のメディアに大絶賛されました。

                      劇評に辛口なニューヨークタイムスも、大絶賛でした。

                      「実際に火傷をしないまでも、女性ならこの気持ちが解るでしょう」と。

                      https://www.youtube.com/watch?v=dY2yQzxXBgU



                      歌舞伎という演劇は、堅苦しいものではありません。

                      まあ、中には眠くなってしまうものも有るには有るけれど、歌舞伎は庶民の為の演劇です。

                      これほど素晴らしい演劇は他には無い、世界一の演劇だ、という人も日本だけでなく外国の人でも言ってくれます。

                      日本で生まれたなら、一度は見ておいたほうが良いのではないでしょうか。


                      歌舞伎は演技を見るものだ、と良く言われます。

                      ストーリーを追って見るのではなく、味わう為に見るもの、なのではないでしょうか。

                      演技も様式的で、リアルな芝居では無いのです。だからこそ、見る者の頭の中で焦点を結ぶ、非常に高度な演劇です。

                      見たことが無い人はぜひ、見てみてください。

                      見る場合は、演目を選ぶ必要が有りますけどね、眠くなっちゃうやつだとあれなんで(笑)


                      歌舞伎を初めて見る人などは、セリフが聞き取れなかったりするものですが、よくよく聞いてみると聞こえてくるようになってきます。

                      歌舞伎が好きな人は、こういう見せ場のセリフを暗記していたりします。

                      「もし、サブさん、思案のほかというこの顔え、傷つけました、さ、これでも色気がござんすか〜」なんて。

                      ストーリーが判った上で見ていると、義太夫(舞台の横でストーリーを語る)が何を言っているかも聞こえてきます。


                      初めて見る人は劇場で「イヤホンガイド」を利用しましょう。芝居を見ながらイヤホンで解説してくれます。

                      歌舞伎には時代劇(時代物)と現代劇(世話物)が有ります。

                      世話物は、江戸時代の現代劇です。そのほか、踊りや松羽目物(能を歌舞伎に移植したもの)も。

                      本当は歌舞伎を映像で見る事はお勧めできません。

                      やはり、ナマで見る華やかさは素晴らしく、映像とは大違いなのです。

                      映像で見ていると、退屈に感じてしまう部分も有ると思います。

                      歌舞伎座の贅沢な雰囲気も楽しく、是非リアルでご覧になる事をお勧めします。



                      初めて見る人にお勧めしたい演目(個人的意見です)

                      梶原平蔵誉の石切(時代物)
                      https://www.youtube.com/watch?v=3cDW4LCqguk


                      鰯売恋曳網(世話物)
                      https://www.youtube.com/watch?v=7vR0WlznXzw


                      狐狸狐狸ばなし(世話物)これは歌舞伎ではないですがおなじようなもんだ
                      https://www.youtube.com/watch?v=pJXie9KaP-o


                      奥庭 狐火(世話物)
                      https://www.youtube.com/watch?v=u9fvKbAqrDg


                      夏祭浪花鑑(世話物)
                      https://www.youtube.com/watch?v=I988H-t1n0w




                      仏壇の小引き出しの中に

                      江戸時代の人のセンスが良すぎる件

                      でかしゃった、でかしゃった、政岡の慟哭

                      お辻さんの決断

                      今けーったよ

                      歌舞伎の演目

                       

                      カワイちゃんねる

                       

                       

                       

                      Twitter

                       

                      @kawaihidetoshi

                       

                       

                      メンズエアロサークル(東京都内)

                      筋トレしかしていない人、
                      きつい有酸素運動をしたい人、
                      健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                      スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                      詳しくは↓こちらへ
                      http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                       

                       

                       

                       

                       

                      | かわいひでとし | 映画やテレビ歌舞伎や芝居 | 05:48 | comments(0) | - |
                      お伊勢参り
                      0

                        JUGEMテーマ:生きる

                         

                         

                        評論家、著述家の石平さんをご存じでしょうか。

                        「せきへい」さんとお呼びしている、元中国人で、今は日本に帰化されています。

                        その、石平さんがネット番組で語っていた事が心に残っています。

                        北京大学を卒業し、1988年に日本に留学してから、ずっと日本で暮らしていらっしゃいます。

                        石平さんが、日本に帰化する手続きをした時の話。

                        役所に行って、手続きをするにあたり、

                        日本国に対して忠誠を誓うなどの書面にサインさせられるのだろうと思っていたら、

                        そんなものは何も無かったとの事でした。

                        それではなんだか物足りないので、自分自身でけじめとして、

                        天照大神さまにご挨拶をするべきだと考え、伊勢にお参りに行ったのだそうです。

                        それを聞いて、なんだかじ〜んとしました。

                        さて、その、じ〜んとした自分は、というと、毎年正月に初詣くらいは行くものの、

                        伊勢神宮には行った事が無いではありませんか、、、、。

                        こりゃあ、死ぬまでに一度は、行って天照大神さまにご挨拶せにゃならんよな、と思います。

                        さっそく乗換案内で見てみたら、東京から片道5時間くらい。

                        日帰りで強行できんでもないが、一泊くらいで行ってこようか、なんて思ったのでした。

                        旅行する趣味が一切無いのだけれど、一度は行っておかないと、と思ったのでした。



                        そして、なるほど、と思いました。

                        江戸時代に旅行ブームが起こって、みんな伊勢を目指したのでしたっけ。

                        死ぬまでに一度くらいは行っておきたいところ、なんですね。

                        お伊勢参り、というと思い出すのは、「犬のお伊勢参り」の話です。

                        江戸に住んでいる人が、お伊勢参りに行きたいけれど、

                        もう身体が弱ってしまって伊勢まで歩いていかれない、

                        仕方がないから、自分の飼っている犬に代理でお伊勢参りをしてもらう、という話です。

                        百田尚樹著「日本国紀」に書かれていました。

                        犬が単独でお伊勢参り?

                        どういう事でしょう。

                        犬の首に旅費と手紙をくくりつけて、西の方に行く人に頼んで、この犬を途中まで送ってほしいと頼みます。

                        そして夕方になると、その旅人は旅籠に泊まる。

                        犬も一緒に玄関先に泊めてもらう。

                        宿屋のおかみさんが、へー、この犬が一人でお伊勢参りかい、えらいねー、なんて言って、

                        首のお金が重そうだから、両替してあげよう、とお金の重さを軽くしてくれたり、

                        お駄賃を入れてくれたり、

                        そうやって次々とリレーで、犬を伊勢まで連れて行ってくれるのだそうです。

                        犬のお伊勢参りは、少なからず有った本当の事だそうです。

                        日本人の優しさが良く表れた、とてもいい話ですね。



                        天照大神

                        2000年変わらない日本人

                         

                         

                         

                        Twitter

                         

                        @kawaihidetoshi

                         

                         

                        メンズエアロサークル(東京都内)

                        筋トレしかしていない人、
                        きつい有酸素運動をしたい人、
                        健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                        スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                        詳しくは↓こちらへ
                        http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                         

                         

                         

                         

                         

                        | かわいひでとし | ライフ | 18:36 | comments(0) | - |
                        心の余裕
                        0

                          JUGEMテーマ:生きる

                           

                           

                          歌舞伎に出てくる何気ない場面。

                          旅の途中で道に迷い、通りかかった人に道をたずねる。

                          道順を教わって、どうもありがとうございました、と礼を言うと、

                          それじゃあ、道中気を付けてお行きなさいよ、なんてことを言ってくれる。

                          特に深い意味も無いし、ほんのお愛想なのだけれど、それでも、今のこの世の中に生きていると、

                          ああ、感じがいいなあ、と心底感心してしまう。


                          みなさんは、路上で見知らぬ人に道を聞かれ、親切に教えてあげるでしょうか。

                          まあ、そのくらいはしますよね。

                          そして、お礼を言われたら、

                          それじゃあ、クルマに気を付けて行ってくださいね、なんて言葉をかけられるでしょうか。

                          大の大人に向かってクルマに気をつけろだ?余計なお世話だ、なんて思ったりはしないでしょうか。

                          別に深い意味もないけれど、お愛想で言ってくれているのだから、

                          はい、どうもありがとうございました、気を付けて行ってまいります、

                          くらいの事を言いたいものだと思います。

                          みんながそれくらい心の余裕を持って、温厚に生きていられたらどんなに平和なことでしょう。

                          そうなんですよね。

                          なんだかみんな、心に余裕が無いのです。

                          すぐにカっとなったり、ムっとしたりしていないでしょうか。

                          ムっとした時は、相手の立場に立って考えてみる、が基本ですよね。

                          相手の立場に立ってみれば、まあ、そうだろうな、しょーがないよね、と思えるんですよね。

                          何かでムっとしたら、ちょっと立ち止まって考え直してみましょうよ。

                          それくらいの心の余裕を持つにはどうしたらよいか、というと、何かちょっとした、

                          小さな事でもいいので、うれしい事や楽しい事があれば、

                          それだけで余裕を持てるんじゃないでしょうか。

                          地に足を付けて、身の程を考えて、地道に、

                          しかし、夢は持ったっていい、夢に向かって進んだっていい、

                          でも、今までの自分の業績を考えてみれば、自分なんて、そんな大したもんじゃあありませんよ、

                          と心を広く持って生きたいものです。

                          幸せに暮らすには、人に優しくすることが大切なんじゃあないでしょうかね、、。

                          タクシーの運ちゃんに、ありがとうございました、と言って暮らしたいものです。

                          掃除をしている作業員の人に、お疲れ様です、と言って暮らしたいものだと思います。

                          コンビニの店員さんにも、ありがとうと言いたいですね。




                          暑いのに大変でごわすね

                          美女、イケメン

                          心がきれいな人々

                          ビョーキな人々

                           

                           

                           

                          Twitter

                           

                          @kawaihidetoshi

                           

                           

                          メンズエアロサークル(東京都内)

                          筋トレしかしていない人、
                          きつい有酸素運動をしたい人、
                          健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                          スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                          詳しくは↓こちらへ
                          http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                           

                           

                           

                           

                           

                          | かわいひでとし | ライフ | 18:47 | comments(0) | - |
                          美しい身体の使い方
                          0

                            JUGEMテーマ:スポーツ

                             

                             

                            カワイは実は、男子新体操のファンです。

                            関東圏で試合が有ると見に行きます。

                            また、ネット上でもボランティアで「男子新体操イベントカレンダー」というのをやっています。

                            http://mrg.html.xdomain.jp/schedule.html


                            また、ツイッターでも男子新体操関連の繋がりが多かったりします。

                            なので、自分のツイッターは試合が有る時はちょっと発狂してしまいます。

                            自分はずっとエアロビクスなのですが、競技エアロをやっていたもので、

                            男子新体操の身体の使い方、動きの質やスキルを見るのが好きなのです。

                            競技エアロの場合、テレビで映るのは決勝演技が多く、最近の競技エアロは凄すぎて、なんだかわからない状態になってしまっています。

                            一方、男子新体操は、徒手運動、といって、身体で表現する部分が多く、見ていてとても気持ちいいのです。

                            体力とは、筋力、持久力、柔軟性の事を言います。

                            男子新体操を見ていると、それを実感できます。

                            また、可動域いっぱいに動くこと、指先まで意識して動くこと、その人の持つ、動きの質などが良くわかります。

                            もともと、エアロビクスは体操やダンス、バレエなどから色々な動きを拝借して作られています。

                            エアロビック選手権の決勝演技を見るよりも、男子新体操を見たほうが、身体の使い方の参考になるかもしれません。

                            自分のホームページに、男子新体操を良く知らない人の為に書いたページが有ります。

                            関心を持っていただけたら、見てみてください。

                            http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/mrg/001.html

                             

                            https://www.youtube.com/watch?v=MdLJNbEOcYE&list=PL0z8kk9YPMzl135rg2ewNUZl0Hw1NJk4Z



                            深い眠りと体温

                            魚の骨

                            ジム通い

                             

                             

                            Twitter

                             

                            @kawaihidetoshi

                             

                             

                            メンズエアロサークル(東京都内)

                            筋トレしかしていない人、
                            きつい有酸素運動をしたい人、
                            健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                            スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                            詳しくは↓こちらへ
                            http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                             

                             

                             

                             

                             

                            | かわいひでとし | サッカーの話 スポーツの話 | 10:21 | comments(0) | - |
                            和田堀公園
                            0

                              JUGEMテーマ:趣味・日常生活

                               

                               

                              毎週火曜と土曜は、方南町のスタジオにエアロをやりに行く。

                              チャリで片道20分。

                              道のりの半分は公園の中を走るので、とっても気持ちいいです。

                              和田堀公園を縦断します。

                              ずっと川沿いの道をチャリで走る。

                              池にはカルガモがたくさん。

                              今日は雨で人が少ないので、カルガモたちがのんびりしていました。

                               

                               

                              エアロビクス

                               

                               


                               

                               

                               

                              Twitter

                               

                              @kawaihidetoshi

                               

                               

                              メンズエアロサークル(東京都内)

                              筋トレしかしていない人、
                              きつい有酸素運動をしたい人、
                              健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                              スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                              詳しくは↓こちらへ
                              http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                               

                               

                               

                               

                               

                              | かわいひでとし | あれだのこれだの | 04:14 | comments(0) | - |
                              筋トレしかしていない人!
                              0

                                JUGEMテーマ:スポーツ

                                 

                                メンズエアロサークル エアロ入門クラス開催



                                9月12日(土)13時〜15時 方南町

                                エアロビクスが初めての人を対象にしたクラスを開催します。

                                筋トレしかしていない人、運動していない人、

                                これからエアロビクスを始めようと思う人、参加をお待ちしています。

                                このクラスで、だいたい慣れた状態になれば、次からは普通のクラスに出られると思います。

                                 

                                100歳まで元気に生きる為に、有酸素運動を習慣にしましょう。

                                みなさん50歳を過ぎた頃から急に必要性を感じて始める人が多いですが、

                                若いうちから習慣にしておくと、かなり有利です。

                                まずは週に1回から始めましょう。

                                 

                                なぜ有酸素運動?

                                健康維持の為の有酸素運動は、軽めの強度で15分以上、を、週に3〜5回やりましょう、

                                ということになっていますが、当サークルでは、鍛えたい人の為の、強めの運動をしています。

                                週に1回くらいは、汗びっしょりかいて、はーはーぜーぜー、強めの運動で鍛えましょう。

                                 

                                有酸素運動をすると筋肉が落ちる?

                                筋肉が落ちるほど出来るんか、やってみやがれ、ということです。

                                週に10回もやらなくていいですから、まずは週に1回から始めましょう。

                                20代、30代の時の、「いい身体になる」為のトレーニングから、もっと視野を広げて、

                                100歳まで健康で生きる為のトレーニングも取り入れましょう。

                                エアロビクスをずっとやっている人は、いつも汗をかいているので、肌がきれいで、

                                いつまでも若々しいです。

                                何歳になってもテキパキ動けるようなトレーニングを習慣にしましょう。



                                「健康維持」より一歩上の、鍛える男のエアロビクスサークル

                                スポーツクラブではできない、ハイインパクト、フルメニューのエアロです。

                                 

                                詳しくはこちら↓

                                エアロビクス
                                http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                 

                                 

                                なんだかわかんないもの

                                 

                                | かわいひでとし | ライフ | 17:52 | comments(0) | - |
                                江戸時代のエンタメ業界が天才な件
                                0

                                  JUGEMテーマ:歌舞伎

                                   

                                   

                                  江戸の町は夜10時になると、防犯の為、町々に有る木戸を閉めて行き来ができなくなります。

                                  ただし、急なお産や、火事などの場合は、門番に告げるか、

                                  櫓の上の太鼓を叩いて緊急事態で有ることを知らせると木戸を開けてもらえます。

                                  ただし、緊急事態ではないのに、みだりに太鼓を叩くと厳しく罰せられます。

                                  物語では、追っ手に追われる仲間を救う為に、お七が櫓に登って太鼓を叩きます。

                                  雪で真っ白になった江戸の町、赤い着物を着たお七が決死の覚悟で櫓に登ります。

                                  なんという美しい光景でしょうか。

                                  江戸時代の人たちは、本当に天才だと思います。

                                  https://www.youtube.com/embed/SprDa3ZFk5w?start=9236


                                  この物語は、実際に江戸で起きた事件を元にしています。

                                  八百屋のお七という少女が、火災で非難した先のお寺で、イケメンのお坊さんに恋をしてしまいます。

                                  非難がとけて、家へ帰ったお七は、もう一度あのお坊さんに会いたい、と思いつめ、

                                  また火事が起これば会える、と、放火をしてしまう、という事件です。

                                  その事件を元に物語が書かれ、それがまた脚色に脚色を重ね、色々なバージョンで芝居として演じられました。

                                  回り舞台に両花道、なんという美しさでしょうか。

                                  まったくもって、深い教養を元にした素晴らしい舞台芸術を作る江戸の芝居関係者、作家たちは、まさに天才です。

                                   

                                  江戸時代の人のセンスが良すぎる件

                                  仏壇の小引き出しの中に

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  メンズエアロサークル(東京都内)

                                  筋トレしかしていない人、
                                  きつい有酸素運動をしたい人、
                                  健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                  スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                  詳しくは↓こちらへ
                                  http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                   

                                  エアロビクス

                                   

                                  Twitter

                                   

                                  @kawaihidetoshi

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  | かわいひでとし | 映画やテレビ歌舞伎や芝居 | 14:31 | comments(0) | - |
                                  嗜み(たしなみ)
                                  0

                                    JUGEMテーマ:趣味・日常生活

                                     

                                     

                                    たしなみとして、こういうことをやっておこう、とか、こういうことを勉強しておこう、

                                    とか思う事が有ります。

                                    別にやりたいわけでもないが、一応やっとくか、みたいな感じで。

                                    昔だったら、茶道だの、書道だの、合気道だの、踊りだの、謡曲だの、俳句だのをやったりする人がいましたね。

                                    あとは、外国語が出来るとか、パソコンでプログラミングが出来るとか、何かのスポーツが得意だとか、、、、。

                                    そんな感じで、へー?って思われる様な、嗜み をしていたいものだ、なんて思います。

                                    これを書いていて今思い出しましたが、自分は20歳頃に、

                                    嗜みとしてやっておきたいなと思って、茶道を習った事が有りましたっけ、

                                    若気の至りで、続きませんでしたが、、、。

                                    その時使った、ふくさ を今でも持っていたりします。


                                    あとは、ピアノを少々やってます。

                                    他人に弾いて聞かせるほどでもないのですが、、、。

                                    あとは、英語を必死こいて喋れるようにしよう(と思っている)ということで、

                                    テレビには英会話の番組がどんどん自動的に録画されて溜まっています(-_-;)


                                    あとは、エアロビクスが得意です。

                                    インストラクターやってました。というか、今またサークルでイントラやってます。

                                    何かスポーツをやっていて得意です、というのは良い嗜みなんじゃないでしょうか。


                                    エアロビクスのインストラクターは、救急救命心肺蘇生法の講習を毎年受ける事になっていたので、

                                    受けていました。

                                    しかし、イントラを辞めてからもう何年も講習を受けていないので、今度また受けようかと思っています。

                                    お近くの消防署などで、誰でも受講できますよ。

                                    救急救命心肺蘇生法ってのは、口うつしで人工呼吸をして、胸をドカドカ押す、あれです。


                                    今まで生きてきて、近くで人が倒れて心肺停止になった事は一度も有りませんでしたが、

                                    今後も無いとは限らないので、レジャー代わりと言ってはなんですが、

                                    近いうちに受けてこようかと思っています。



                                    そうなんですよ、

                                    こういう講習会に出るのは面白いんじゃないでしょうか。

                                    下手なレジャーに行くより、よっぽど為になって興味深い時間を持てると思うんですが、

                                    どうでしょうか。

                                    そういえば、自分は昔、潜水夫をしていたので、スキューバダイビングは得意です。

                                    潜水士の免許を持っていたりします。

                                    潜水夫ってのは、工事の仕事が多くて、水深1〜2mのところで一日中潜って仕事をしたりします。

                                    なので、ボンベは背負いません。陸上でコンプレッサーを回して、

                                    そこからホースでレギュレターに空気を送って潜りますので、

                                    10時と3時の休憩と、昼飯の時以外はずっと潜っていたりします。

                                    もう何年も潜っていませんが、、、(-_-;)



                                    あとは、自分で髪の毛を切るのが得意です。

                                    もう何十年も床屋さんだのには行ったことがありません。

                                    簡単な髪型をしているので、、、、


                                    そして、ふと、カラオケの練習しとかんといかんな、なんて思ったりしました。

                                    これも嗜みのひとつかと、、、。

                                    そんなわけで、一人カラオケに行ってきました。

                                    大して歌いたいわけでもないのだけれど、嗜みだから、やっときなさい、

                                    と自分で自分に命令して、いやいやながら行ってきました。

                                    歌ってみたものの、下手すぎて、気持ち悪くなってしまいました(-_-;)

                                    でも、やっぱり嗜みですから、たまには練習しに行きましょう、なんて思います。


                                    そんなわけで、みなさんは、たしなみとして、何かやっていますでしょうか。

                                    聞かれないから言わないけど、実はこんな事やってるんです、

                                    ってのはかっこいいんじゃないでしょうか。

                                    何か意外な事をやってみてはどうでしょうか。

                                    そういう事をすることで、どこか自分に余裕が持てる様になる気がします。
                                     

                                     

                                     

                                     


                                    水中土方の四季

                                    第1回 ピアノ発表会


                                    エアロビクス



                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    Twitter

                                     

                                    @kawaihidetoshi

                                     

                                     

                                    メンズエアロサークル(東京都内)

                                    筋トレしかしていない人、
                                    きつい有酸素運動をしたい人、
                                    健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                    スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                    詳しくは↓こちらへ
                                    http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    | かわいひでとし | ライフ | 16:04 | comments(0) | - |
                                    筋トレしかしていない人、運動していない人
                                    0

                                      JUGEMテーマ:スポーツ

                                       

                                       

                                      シンプル動作で高強度な、男性の為の走るエアロビクスサークルです。

                                      筋トレしかしていない人、運動していない人は是非参加して、習慣にしてください。

                                      スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロで、省略しないフルメニューで行います。

                                      鍛えたい人、運動を習慣にしたい人、スポーツクラブでスタジオに入るのがハズい人、

                                      どうぞお気軽に参加してみてください。

                                       

                                      メンズエアロサークル

                                      http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      メンズエアロサークル(東京都内)

                                      筋トレしかしていない人、
                                      きつい有酸素運動をしたい人、
                                      健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                      スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                      詳しくは↓こちらへ
                                      http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                       

                                      エアロビクス

                                       

                                      Twitter

                                       

                                      @kawaihidetoshi

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      | かわいひでとし | 健康 | 12:43 | comments(0) | - |
                                      生きる上で必要なこと
                                      0

                                        JUGEMテーマ:生きる

                                         

                                         

                                        エアロビクスのインストラクターをしていると、色々な人を見ることになります。

                                        リズム音痴でなかなかついてこられない人がいたり、初めてでもどんどんできる人がいたり、、、。

                                        本当は、しっかり正しいフォームで大きく動いてもらいたいけれど、でもね、

                                        だいたいのところで、なんとなくやりながらでも、長く続けてもらえれば良いと思っています。

                                        でも、なかには少し心配になる人が居る事が有ります。

                                        というか、良く有ります。

                                        それは、例えば20代前半の若い人であっても、今まで殆ど運動経験が無い人です。

                                        運動が苦手で好きではない人はたくさんいますし、それが悪い事ではないのですが、

                                        でも、でも、、、、

                                        人間は頭だけで生きている訳ではなく、胴体や腕や脚がついていて、内臓も動いています。

                                        脳を使う仕事をする人でも、身体が健康でいないと、かなり制限を受けてしまいます。

                                        なので、やっぱり、健康維持の為の、最低限の運動をしないといけないのだと思います。

                                        下手でもなんでもいいんです。例えば週に1回でもいいです。

                                        ゼロ回よりも一回でいいですから、少し運動しましょう。

                                        ゼロと1では大きな違いです。


                                        ずっと長い間運動経験が無い人は、動作が全体的に省エネモードになっています。

                                        可動域が狭すぎるのです。

                                        そして、猫背であったり、動作が緩慢であったりします。

                                        それでも別にいいわけなんですが、でもねぇ、、、

                                        だんだん歳をくってくると、どんどん衰えてしまいます。

                                        へたをすると、30代後半くらいから衰えてしまいます。

                                        なので、どうか、ラジオ体操くらいの事を毎日でも一日おきでもやりましょう。


                                        例えば、ラジオ体操第一で、体側を伸ばす運動、
                                        https://youtu.be/feSVtC1BSeQ?t=60


                                        これをやるとき、身体全体が正面を向いたままできるでしょうか、

                                        肩が前に倒れて、胴体が斜めになっていないでしょうか、

                                        この動きをするには、腕を真っすぐ伸ばして、指先が遠くを通って、頭の真上を通って、
                                        身体の脇を伸ばすのですが、そうならずに、肩、胸のあたりが斜めになってしまっていないでしょうか。

                                        腕が頭の真上を通っているかどうか、確認してみましょう。

                                        今は簡単に動画を撮ることができます、自分の動きを動画に撮って見てみてください。

                                        身体が正面を向いたまま、体側を伸ばしながら、腕が遠くを通っているかどうか、確認してみましょう。

                                        腕を振る動きをする時は、指先が一番遠くを通る様に動いてみましょう。

                                        身体を大きく動かす練習をしましょう。

                                        体操をする時は省エネモードではなく、わざと疲れる様に大きく動きます。

                                        わざと大きく動く動きを練習するには、短い時間でできるラジオ体操はとても適しています。

                                        運動不足に慣れきってしまって、小さな動きで省エネモードになっていないかどうか、自分で確認してみましょう。

                                        腕や脚を動かすときは、なるべく遠くを通る様に、わざと疲れる様に動いてみましょう。
                                        30代から衰え始めない様に、可動域いっぱいに動ける様に、ラジオ体操を大きく正しく動いてやってみてください。

                                        出来ればエアロビクスをやって貰いたいですが、とりあえず、まずはラジオ体操をしてみましょう。

                                        運動が苦手なのは悪いことではありませんが、生物として生きていくには最小限の運動は、食事をするのと同じくらい必須のことです。

                                        苦手だからやりたくないけど、疲れるからやりたくないけど、今後生きていく為に必要な事ですから、どうか、少しずつでも良いので、やるようにしましょう。

                                        これから80年、100年生きていくために。





                                        無酸素運動な人々

                                        なんだかわかんないもの

                                        身体の使い方

                                        メンズエアロサークル



                                         

                                         

                                         

                                        Twitter

                                         

                                        @kawaihidetoshi

                                         

                                         

                                        メンズエアロサークル(東京都内)

                                        筋トレしかしていない人、
                                        きつい有酸素運動をしたい人、
                                        健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                        スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                        詳しくは↓こちらへ
                                        http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        | かわいひでとし | ライフ | 09:01 | comments(0) | - |
                                        靖国参拝
                                        0

                                          JUGEMテーマ:趣味・日常生活

                                           

                                           

                                          8月14日頃からなんだか胸騒ぎがして、やっぱり行こうと思って、

                                          靖国神社に参拝に行きました。

                                          8月17日に行ったので、とても空いていました。

                                          15日は2時間待ちとかだったそうで、この暑さで2時間待ちはちょっとねぇ。

                                          靖国神社は九段下駅、飯田橋駅、市ヶ谷駅から歩いて行けます。

                                          自分は中央線ユーザーなので、飯田橋から歩きました。


                                          こういうことは、例えば、自宅から手を合わせてもいいのだと思っているのだけれど、

                                          なんだか行く気になったのでした。




                                          そんなこたあわかってるよ、と言われてしまいそうですが、知らない若い人のために、一応、神社参拝のマナーをひとくさり。

                                          鳥居をくぐるときに一礼します。

                                          参道の中央は神様が通る場所なので、人間は端っこを歩きます。

                                          手水の前で、軽く会釈してから、一礼、一拍手、右手、左手を清め、左手に水をためて、
                                          口をすすぎます。左手が口に触れたので、もう一度左手を洗います。

                                          最後に柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗います。

                                          全て精神的な意味なので、柄杓に汲んだ一杯で全てを行いますので、ごしごし洗ったりしなくても良いですよ。

                                          ところで、コロナ対策なのでしょうか、柄杓は置いてありませんでした。

                                          溝から水が流れ出ているのをすくって洗いました。

                                          参拝は、2礼、2拍手、1礼で。礼は最敬礼(90度)で。



                                          ネットなどでも、「意外と若い人が多い」と言っていましたが、確かにそうでした。

                                          20歳そこそこくらいの若者が、とても熱心に説明を読んだりしている姿がたくさん見られました。

                                          参拝後、遊就館にも寄りましたが、パール判事の碑に一礼してきました。



                                          現在我々がのほほんと生きていられるのは、本当に本当に先人、先輩たちのお陰です。

                                          日本人が日本の為に命を捧げてくれたひとたちに敬意と哀悼をささげるのは当たり前のことです。

                                          靖国のあと、千鳥ヶ淵にも足を運びました。



                                          そこでも、靖国で見かけた若者がとても熱心に説明を読んでいる姿を目にしました。

                                          一人の日本人として敬意、感謝、哀悼の気持ちで参拝してきました。

                                          暑かったー。




                                          戦争の記憶

                                          すずさんの怒り



                                           

                                           

                                           

                                          Twitter

                                           

                                          @kawaihidetoshi

                                           

                                           

                                          メンズエアロサークル(東京都内)

                                          筋トレしかしていない人、
                                          きつい有酸素運動をしたい人、
                                          健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                          スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                          詳しくは↓こちらへ
                                          http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          | かわいひでとし | あれだのこれだの | 10:21 | comments(0) | - |
                                          ある友人への手紙
                                          0

                                            JUGEMテーマ:生きる

                                             

                                            この文章を読んでもらうにはLINEなんかじゃあ送ってられない。

                                            だからちゃんとGmailを作って、パソコンからメールをしなさいと言ったんだよ。

                                            社会人になったらパソコンを使って仕事をし、

                                            パソコンから文章を書いてメールをするのだから、今からきちんとできる様にしておきなさい。

                                            LINEで一行ずつ、自分を小出しにして嘘か本当かわからない様な会話ばかりしていると、

                                            本当にぐうたらになってしまうのだよ。

                                            サークルに参加する時はきちんとそこのルールに従って、

                                            メールで申し込む事になっているのなら、きちんとメールで申し込みをしなければいけないんだ。

                                            当日になって今日行きます、で済むと思っていてはいけない。

                                            相手は予め予定をして、準備をしているものなんだ。

                                            きちんとやらなければいけないんだ。


                                            このページをスマホとパソコン、両方で見てごらん。

                                            スマホで見たって頭に入って来ないだろう。

                                            きちんと改行を入れて書いてあるページはパソコンで見ないと頭に入って来ないよ。

                                            パソコンで文章を打って、きちんとしたメールを書ける様にならなくてはいけない。

                                            キーボードでブラインドタッチくらいできる様になっていなければいけない。


                                            やらなければいけないこと、

                                            やったほうがいいこと、

                                            は、必ずやりなさい。

                                            やってはいけないこと、は絶対にやってはいけない。


                                            それだけ守って生きてください。

                                            ぐうたら生きているのとは大違いになります。全然違う人生になります。


                                            やったほうがいいことを必ずやる、というのは、言うほど簡単な事ではないよ。

                                            まず、それがやったほうがいいことなのかどうか、

                                            気が付いたり判断したり出来なければならないんだ。

                                            これから生きていく上で、これを守って生きていってください。

                                            簡単そうでとても大変なことです。

                                            これを守って生きるには、いつも誠実な気持ちでいなければできません。

                                            いつも誠実な気持ちで生きるにはどうしたらよいか。

                                            例えば、自分に小さな克己心を課すことです。


                                            自分は子供の頃、電車やバスに乗ったとき、

                                            「男は立っていなさい」と教えられました。


                                            自分が座らなければ、他の人が座れるからです。

                                            それを今でも守っています。

                                            そういう小さい小さい道徳のルールを守って生きていると、

                                            いつも誠実な気持ちでいられる様になります。

                                            毎日電車に乗るのなら、そういうルールを自分に課してみるといい。


                                            「だって、みんなやってるもん」と言う。

                                            みんなって誰だよ。

                                            ダメな奴の真似をしてどうするんだ。

                                            もっときちんと生きていきましょう。


                                            やらなければいけないこと、と、やったほうがいいことは、

                                            必ずやる。

                                            やってはいけない事は絶対やらない。

                                            これだけ守って生きてみましょう。
                                             

                                             



                                            美女、イケメン

                                            学力が有っても教養の無い人々

                                            基本部分の欠落

                                            心がきれいな人々

                                            ビョーキな人々

                                            新しい世界へ踏み出す若い人へ

                                             

                                             

                                             

                                             

                                             

                                            メンズエアロサークル(東京都内)

                                            筋トレしかしていない人、
                                            きつい有酸素運動をしたい人、
                                            健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                            スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                            詳しくは↓こちらへ
                                            http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                             

                                            エアロビクス

                                             

                                            Twitter

                                             

                                            @kawaihidetoshi

                                             

                                             

                                             

                                             

                                             

                                            | かわいひでとし | ライフ | 13:23 | comments(0) | - |
                                            1年経って
                                            0

                                              JUGEMテーマ:スポーツ

                                               

                                               

                                              2019年の夏、20年ぶりにジム通いを再開した。

                                              20年前までエアロのイントラやっていて、週に13本のクラスを持っていた。

                                              イントラになる前は、週に7日TIPNESSに通って、週に10本のエアロを受けていた。

                                              それがイントラ辞めてから20年間、一切運動せず、仕事しかしていない20年を過ごしてしまっていた。

                                              20年の間にエアロビクスは、すっかり運動強度が軽くなって、ダンスごっこをするようになってしまっていた。

                                              しかたがないので、レンタルスタジオを借りて、週に1回、一人でエアロをすることにしたのだった。

                                              いざやってみると、体力の低下に驚いたのだった。

                                              きつくて全然走れない。

                                              それでも毎週続けて1年経った。


                                              一人でエアロをやる場合でも、実際のレッスンと同じ様にやるのだ。

                                              ウォームアップをして、ローインパクトをして、ハイインパクトをして、徐々に心拍数を上げていくレッスン形式でやらないとエアロビクスにならないからだ。

                                              自分ひとりしかいないスタジオで、声を出してイントラをやる。

                                              これはとても良いトレーニングになった。

                                              でかい声でしゃべり続けながら動くのだ。ものすごく息が上がる。

                                              1年経って、今では週に2回、何人か受ける人に来てもらってサークルとしてやっている。
                                              かなり体力がついたものだと思う。

                                              自分の半分くらいの年齢の人を相手に、90分のクラスをこなす様になった。

                                              コロナ対策のため、人数制限をして、3人くらいでやっている。

                                              来年の夏くらいにはコロナは収まっているだろうか、、、

                                              そして、あと何年、この運動強度の高いエアロをやり続けられるだろうか、、




                                              メンズのための、低難度、高強度のエアロビクスサークル
                                              http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html
                                              エアロビクス




                                              なんだかわかんないもの
                                               

                                               

                                               

                                               

                                               

                                               

                                              備忘録思索


                                              かわいひでとし
                                              ホームページへ
                                              広告無しのホームページへ是非どうぞ


                                               

                                               

                                               

                                               

                                               

                                              | かわいひでとし | サッカーの話 スポーツの話 | 09:25 | comments(0) | - |
                                              財布の中に5円
                                              0

                                                JUGEMテーマ:趣味・日常生活

                                                 

                                                 

                                                自分は中学生の時から一人暮らしの自炊生活をしていた。

                                                そのころはまだ、生活費は親に出してもらっていたが、月に一回お金を置きに来てくれたのだった。

                                                だけどねぇ、中学生ですよ、そのお金を一か月持たせることが出来ませんでした。

                                                半月くらい経つとお金が無くなってしまって、いつも超貧乏メシを食っていました。

                                                米だけは切らさないように買っておきなさい、と言われていました。

                                                米があれば塩をかけてでも食えるから。

                                                なので、ちゃんと米だけは買って有りました。

                                                そのころ食べた、貧乏メシがなんだか食いたくなる事が今でも有ります。

                                                塩むすび、味噌を薄く塗った味噌おにぎり、鰹節のおにぎり、、、

                                                ひどい時はキャベツの芯をうすーーく切って茹でて、醤油をかけておかずにしたりもしていた。

                                                ちょっと良い時は、コンビーフを薄く切ってフライパンで焼いたものにちょちょっと醤油をかけたもの。

                                                これが、なんだかわからんが旨いんだなあ、、、。ごはんが進む君なのです。

                                                8枚切りの食パンに、安いコロッケとキャベツを挟んでソースをかけただけのコロッケサンド、

                                                これがなんだかわからんが旨かった。

                                                部活やって帰ってきて、超空腹な時に食べた貧乏メシ。

                                                腹が減っていれば何食っても旨いんだよな、、、。

                                                その、旨かった記憶が有るからでしょうか、今でも時々食べたくなります。

                                                今食っても、なんだか旨いんだよねぇ、、、。

                                                皆さんも、たまには超貧乏メシでもいかがでしょうか。

                                                財布の中に5円しかなくて、何も買えず、腹が減ってたまらない、

                                                という想定で、お子さんと一緒に貧乏メシを食べてみるのもいいかもしれませんよ。

                                                旨いんだ、これが。

                                                コンビーフ(安いやつ)を薄切りにしてフライパンで焼く
                                                一切れに3滴くらい醤油をかける だけ




                                                おもひでぼろぼろ

                                                 

                                                 

                                                 

                                                Twitter

                                                 

                                                @kawaihidetoshi

                                                 

                                                 

                                                メンズエアロサークル(東京都内)

                                                筋トレしかしていない人、
                                                きつい有酸素運動をしたい人、
                                                健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                                スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                                詳しくは↓こちらへ
                                                http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                | かわいひでとし | あれだのこれだの | 18:39 | comments(0) | - |
                                                歌舞伎の演目
                                                0

                                                  JUGEMテーマ:歌舞伎

                                                   

                                                   

                                                  自分が生まれて初めて歌舞伎というものを見たのは、20歳くらいの時だったと思う。

                                                  80歳代の知り合いから、チケットをプレゼントしてもらったのだった。

                                                  「歌舞伎って見たことある?」

                                                  「いや、無いです」

                                                  「そう、じゃあ今度見てごらん」

                                                  ということで、チケットをプレゼントされました。

                                                  初めて見るのなら、このお芝居はいろいろとケレンが有って、見た目にも面白いから見ていて飽きないと思うよ、と勧めてくれたお芝居が「四の切」でした。

                                                  義経千本桜 川連法眼館の場

                                                  あの舞台は、誰の舞台だったのだったか良く覚えていないのだけれど、たぶん、三代目 市川猿之助丈だったと思います。

                                                  なるほど、初めて見る若い人に勧めるには良いお芝居かもしれませんね。

                                                  それも、猿之助の四の切なんて、初めての人でも面白いと思いますよね。

                                                  この、初めて歌舞伎を見る人に、どんな芝居を勧めるか、というのは人によって随分意見が違うものなのですね。

                                                  意外と多いのは「勧進帳」だったりします。

                                                  勧進帳ねぇ、、、そうかなぁ、、、

                                                  俺だったら何を勧めるだろう、、、

                                                  やっぱり、イヤホンガイド付きで石切梶原かなあ、、、

                                                  あなたなら何を勧めますか?

                                                   

                                                   

                                                  かわいひでとしホームページ

                                                   

                                                  | かわいひでとし | 映画やテレビ歌舞伎や芝居 | 17:24 | comments(0) | - |
                                                  美女、イケメン
                                                  0

                                                    JUGEMテーマ:生きる

                                                     

                                                     

                                                    筋トレをしている人に対して良く言われる悪口として、

                                                    「使えない筋肉つけてどーすんだ」的な言い方が有りますね。

                                                    言っている人の気持ちとしては、見せるための筋肉をつけている、

                                                    見せるだけの為で、何かのスポーツなどに使うわけでもない、的な気持ちなんでしょう。
                                                    しかし、「使えない筋肉」なんていうものは無いわけです。

                                                    何かのスポーツのパフォーマンスを上げる為に筋トレをするのが正しいのに、

                                                    見せる為だけで、使わない筋肉、ということでしょうか。

                                                    まあ、気持ちはわからんでもないですね。

                                                    でもまあ、見た目も大事です。


                                                    ファッションなんかでもそうですね。

                                                    プロスポーツ選手みたいなファッションをしているのにスポーツはしていない、とか、

                                                    歌手みたいなファッションしているのに歌が下手とか、

                                                    パンクなのにギター弾けないとか、

                                                    さわやか系なファッションしているのに性格悪いとか、

                                                    男前な見た目なのに人間が小さいとか、

                                                    なんだかなあ、という気がしないでもない。


                                                    イケメンなのにやることが汚いだの、かっこいいのに腹黒いだの、ってのは、なんだかイヤですねぇ。

                                                    かっこいいファッション、かっこいい顔、かっこいい筋肉をしているのなら、

                                                    見た目だけでなく実態もかっこよくありたいものです。

                                                    美しい女性がきれいなファッションでプライオリティーシートに座って寝たふりしているとか、

                                                    ツンケンしているのって本当に残念ですし、

                                                    イケメンが警察に捕まっている姿とか、

                                                    「どうも申し訳ございませんでした」とか謝罪している姿っていうのは本当に残念です。

                                                    美女、イケメンなら特に、正しい人間でいて欲しいものです。

                                                    自分を磨く、というと最近はなぜかビジネスの事ばかり言う人が多いけれど、

                                                    卑怯なふるまいはしない、だの、相手の立場に立って考える、だの、人に親切にする、だの、

                                                    人間としてイケメンになる事を考えたいものです。

                                                    筋トレをするなら有酸素運動もしましょう。

                                                    かっこいいファッションをするなら中身もかっこよくなりましょう。

                                                    SNSをやるならフォロワー数やいいねの数にとらわれるのではなく、自分を表現しましょう。

                                                    商売をするなら売ろうとするのではなく、お客に満足してもらえることを考えましょう。

                                                    道徳や正義感、責任感、気立ての良さ、明るい性格、前向きな性格、努力、忍耐、克己心、

                                                    そういうことにもっと関心を持ったほうが良いと思います。

                                                    見た目だけでなく、一人の人間として全体的にかっこよくなりましょう。


                                                    完璧な人間などいませんし、誰にでも欠点は有ります。

                                                    だけど、道徳心、責任感、克己心は持っているべきだし、持とうとするべきだと思います。

                                                    やりたいことと、やるべきことと、やってはいけないこと、をきちんと区別して生きましょう。

                                                    一人の人間として、見た目も大事ですが、内面も大事です。

                                                    「心身ともに」美女、イケメンでありたいものです。



                                                    自分は子供のころ、電車やバスに乗った時、「男は立っていなさい」と言われました。

                                                    自分が座らなければ、他の人が座れるのだから。

                                                    大人になってからもずっと、その事が頭に有って、電車に乗ったら立っています。

                                                    座るのには罪悪感を感じます。

                                                    これがいいと思うかどうかは別として、

                                                    そんなような、小さな小さな克己心を持って行動してみたらどうでしょうか。



                                                    ブスの25箇条

                                                    會津藩校 日新館 什の掟

                                                    心の卑しさ 

                                                    心がきれいな人々

                                                    ビョーキな人々

                                                    ビジネスチャンス
                                                     


                                                     

                                                    筋トレしかしていない人、運動していない人


                                                    シンプル動作で高強度な、男性の為の走るエアロビクスサークルです。

                                                    競技系のアスリート向けなのですが、アスリートじゃない人でも全然大丈夫です。

                                                    動きの質を高めて高い運動強度を得るエアロなので、軽く動いても大丈夫だからです。

                                                    筋トレしかしていない人、運動していない人は是非参加して、習慣にしてください。

                                                    スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロで、省略しないフルメニューで行います。

                                                    鍛えたい人、運動を習慣にしたい人、スポーツクラブでスタジオに入るのがハズい人、

                                                    どうぞお気軽に参加してみてください。

                                                    http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    | かわいひでとし | ライフ | 08:37 | comments(0) | - |
                                                    みんなが明るかった頃
                                                    0

                                                      JUGEMテーマ:スポーツ

                                                       

                                                       

                                                      1992年、、、。

                                                      今から、うん十年前ですね、、、。

                                                      そのころのVHSテープが出てきたので、見てみました。

                                                      見ていて思ったのですが、今と昔では随分、人間のマインドが違っているのですねぇ。

                                                      同じスポーツクラブに通っていて、いつも同じエアロのレッスンに出ているので顔を知っている、というだけで、すぐ仲良くなって一緒に練習していたのです。

                                                      今どきの人は、そこまで人懐っこくないですよね、、、。

                                                      やろうか、うん、やろうやろう、って感じですぐやるノリの良さみたいなものも感じます。
                                                      今どきは、そんなにノリが良くないですよねぇ、、、。

                                                      顔と名前くらいしか知らない、どこで何をしている人か知らないまま、すぐ仲良くなって、グループを結成して練習して大会に出たんですからね、、、。

                                                      グループで大会に出るとなれば、あの人は下手だからいやだ、だの、自分が目立たなくては嫌だだの、なんのかんのは一切言わず、やろうか、よし、やろーーって感じですものねぇ。

                                                      そんな、みんな明るかった頃の映像です。



                                                      全日本エアロビクスコンテスト グループ部門出場の記録
                                                      https://www.youtube.com/watch?v=1Gv7s2VtgvA

                                                       

                                                      Avia Cup 出場の記録です
                                                      https://www.youtube.com/watch?v=LltLOCGHUH4

                                                       

                                                      ダイジェスト版 
                                                      https://www.youtube.com/watch?v=ZqLISy2lfkA

                                                       

                                                       

                                                       

                                                      Twitter

                                                       

                                                      @kawaihidetoshi

                                                       

                                                       

                                                      メンズエアロサークル(東京都内)

                                                      筋トレしかしていない人、
                                                      きつい有酸素運動をしたい人、
                                                      健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                                      スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                                      詳しくは↓こちらへ
                                                      http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                      | かわいひでとし | 世の中 | 16:31 | comments(0) | - |
                                                      ビジネスチャンス
                                                      0

                                                        JUGEMテーマ:社会の出来事

                                                         

                                                         

                                                        「起業」とか「ビジネスチャンス」と言う人々に、なぜそうするのかと聞くと、

                                                        「?」となる事が多い。

                                                        何の為に金を稼ごうと思うのか、そのおおもとの理由が無いのだ。

                                                        えー、だって、お金が有ったほうがいいじゃん、

                                                        って。

                                                        いいモノを買ったり、おいしいものを食べたり、色々楽しんだりしたいじゃん、と。

                                                        さらにお金を稼ぐにはお金が必要だし。

                                                        相手に自分を信用させるにはお金が必要だし。

                                                        いい服を着ていれば信用されるでしょう?


                                                        なんて、もう、、、、どうしてこういうことになってしまったのだろうか。


                                                        昔、「村上ファンド」が目をむいて、「お金儲けは悪い事ですか?!」なんて言っていた場面を思い出す。

                                                        はっきり言って悪いと思います。

                                                        それは、お金を儲ける為にお金を儲けているからです。

                                                        そうなってしまうともう、人間だかなんだかわからない。

                                                        お金を稼ぐためにはお金が必要になる。

                                                        お金が出来るとさらにお金が必要になる。

                                                        この循環の中のどこに人間が居るのだろうか。


                                                        お金が有ったほうが楽しいでしょう、

                                                        おいしいものを食べたいでしょう。

                                                        いいところに住みたいでしょう。

                                                        と言う人に、何のために?と聞くと「?」となってしまう。

                                                        では、自分の目標とか、自分がやりたい事とか、好きな事は何ですか?

                                                        と聞くと、、、、

                                                        なんと、驚くべきことに、、、

                                                        「?」

                                                        なのだ。

                                                        なんでもいいのです、大それた事でなくてもいいのです、

                                                        自分は何の為に生きているのか、

                                                        自分はどういう人間になりたいのか、

                                                        ほんとになんでもいいのです。

                                                        サッカーが好きだから選手になりたいだの、小説家になりたいだの、

                                                        世の中を良くするために政治家になりたいだの、

                                                        ほんとになんでもいいんですよ。

                                                        自分が生きている存在意義、自分の目標、自分の夢、

                                                        そういうものが有るからこそ、そのためにお金を稼ぐのではないのですか?

                                                        そういう目標が無いままにお金を稼ぎたいというのは、

                                                        大事な基本部分が欠落しているのです。

                                                        「おいしいものを食べたり、楽しいことをしたり、いいところに住んだり、いい服を着たりしたいから」ではダメなのですか?と言う。

                                                        ダメです。

                                                        普段、何するのが好きなの?趣味は何?と聞くと、

                                                        「服とか買い物とか」

                                                        だと言う。

                                                        服とか買い物とか、ってなんだよ、それ。

                                                        何かをするために着る必要が有るから服を買うのだし、

                                                        何かをしてきて休息するために良い部屋が要るのだし、

                                                        何かをするために必要だから買い物をするのだし、

                                                        ストレス解消だの暇つぶしだので衝動買いをするのだし、

                                                        何かをして疲れたから、気分転換の為に楽しい事をするのだし、

                                                        何かをした息抜きにおいしいものを食べるのだし、

                                                        その、何かが無いままでは意味が解らない。


                                                        人間は何の為に生きているのか。

                                                        これは人類の大命題で、その答えを得るには一生かかるかもしれない。

                                                        けれど、自分の夢や目標は若い時から持っていなければならないでしょう。

                                                        ほんとにどんなことでもいいんですよ。

                                                        その為に必要なお金を稼いでくださいな。

                                                        服とか買い物とか、おいしいものとか楽しいものの為にお金を稼いではいけないんですよ。


                                                        あなたの子供だった頃の夢はなんだったでしょう。

                                                        どんな事をするのが好きだったでしょう。

                                                        そういうところから考え直して、生きる意味、生きる目標を決めてからお金を稼ぎましょうよ。

                                                        お金は、生命を維持する為に必要ですが、愛情をカタチにするためにも必要です。

                                                        夢をカタチにするためにも必要です。

                                                        人間として、何のためにお金を稼ぐのか、決めておきましょう。

                                                        その目標が途中で変わってもいいのです。

                                                        お金が目標になってはいけないのです。
                                                         

                                                        高須院長

                                                        若者の憧れ

                                                        基本部分の欠落

                                                        精神の風が粘土の上を吹いてこそ、人間は創られる

                                                        学力が有っても教養の無い人々

                                                        ビョーキな人々
                                                         

                                                         

                                                         

                                                        Twitter

                                                         

                                                        @kawaihidetoshi

                                                         

                                                         

                                                        メンズエアロサークル(東京都内)

                                                        筋トレしかしていない人、
                                                        きつい有酸素運動をしたい人、
                                                        健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                                        スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                                        詳しくは↓こちらへ
                                                        http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        静かな夜

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        meditation  静かな夜

                                                        Twitter

                                                         

                                                        @kawaihidetoshi

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        | かわいひでとし | ライフ | 15:51 | comments(0) | - |
                                                        小さいおうち
                                                        0

                                                          JUGEMテーマ:映画

                                                           

                                                           

                                                          若いころの小さな出来事。

                                                          何年経っても忘れない小さな出来事。



                                                          「小さいおうち」という映画を見た。

                                                          いつものように、勝手に録画されていたので、どんな映画かわからないまま見た。

                                                          始まってすぐ、これは山田洋二監督の映画なのだな、とすぐ分る配役だった。


                                                          自分は色々と新しい日本映画を見たりもするが、やはり色々と気に食わないところが有るものだ。

                                                          特にセリフ。

                                                          セリフが青臭くて、なんだか白けてしまう事が良く有る。

                                                          人のセリフというものは、人生経験を積んでからでないと書けないのではないかと思うことが良く有る。

                                                          この、「小さいおうち」を見ていて、どこにもケチをつける気が起きなかったのは、

                                                          やっぱり山田監督ならではなのだろうと思った。

                                                          寅さんですっかりお世話になった山田監督だし、そのほかにも良い映画をたくさん見せてもらった。

                                                          それでも、心酔するほど山田監督を好きになっていた訳ではなかった。

                                                          ちょっと変わった人だとも思っていた。

                                                          しかしまあ、本当に完ぺきに映画を作る監督なのだなあと、心底思った。

                                                          若い脚本家や監督が書いた映画はどうしても、どこかに青臭さが有って、

                                                          ちょっと嫌になってしまうことが有るけれど、山田監督はやっぱり完璧だった。


                                                          この映画を見て、いいと思うのはきっと年寄りだけなのだろうと思う。

                                                          若い人が見てもこの完璧さは分からないかもしれない。

                                                          そういうわけで、自分も年を取ったのだなあと思う。

                                                          せっかく年を取ったのだから、味わいのあるセリフで映画を一本書いてみたいものだと思う。


                                                          ところで、この映画、おばあちゃんの回顧録を読んだ孫の大学生が、

                                                          昭和11年に、そんなにみんなが楽しく暮らしていた訳はないじゃないか、

                                                          もう戦争が始まっていたんだよ、嘘を書いてはいけないよ、なんて言うのだった。

                                                          いや、戦争は始まっていたけれど、みんな明るく元気だったとおばあちゃんは言います。

                                                          そうですよね。きっとそうだろうと思います。


                                                          何十年か後、

                                                          2020年は世界的な疫病が大流行し、多数の感染者を出し、都市は封鎖され、

                                                          経済は地に落ち、その上さらに、大規模な水害が発生し、

                                                          地球温暖化によって異常気象が頻発し、外出を自粛しなければならない日々が続いた、

                                                          と、歴史書に書かれる事だろう。

                                                          それでも人間たちは、毎日笑顔で暮らしていたのです。

                                                          戦争中であっても、大災害のさなかであっても、人間には穏やかな日常が有るのです。

                                                          そんな事も思う映画でした。





                                                          この世界の片隅に

                                                          戦争の記憶

                                                          すずさんの怒り

                                                          8月の朝




                                                           

                                                           

                                                           

                                                          Twitter

                                                           

                                                          @kawaihidetoshi

                                                           

                                                           

                                                          メンズエアロサークル(東京都内)

                                                          筋トレしかしていない人、
                                                          きつい有酸素運動をしたい人、
                                                          健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                                          スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                                          詳しくは↓こちらへ
                                                          http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                           

                                                           

                                                           

                                                           

                                                           

                                                          | かわいひでとし | ライフ | 00:11 | comments(0) | - |
                                                          高須院長
                                                          0

                                                            JUGEMテーマ:生きる

                                                             

                                                             

                                                            派手なテレビCMで知っていたけれど、こういう方だったとは知りませんでした。

                                                            単なる金持ちの派手なおっさんだと思ってました。

                                                            高須院長は大変な愛国者で、非常に正義感の強い方なんですね。

                                                            「愛国者」とか「愛国心」という言葉を聞くとイコール「軍国主義者」だと思ってしまう人が一定数いたりしますが、そういう思考停止はやめて、ちょっと勉強するなりして頂きたいと思う。

                                                            高須院長は癌を患っていらして、その治療のために、自分で高額な機材を買って、それを母校の昭和医大に寄付をして、そこで自分の身体を実験台にして治療する、という事をやってらっしゃるそうです。
                                                            日本ではまだ行われていなかった治療法なのだそうです。

                                                            そして最近、院長は愛知県知事のリコール運動に取り組んでいます。

                                                            事の発端は「愛知トリエンナーレ」です。

                                                            そこに展示されたいくつかの「作品」、ひとつは「間抜けな日本人の墓」というもので、特攻隊の寄せ書きなどを茶化したもので、もう一つは、昭和天皇の写真をガスバーナーで焼いてから靴で踏みつぶす作品。

                                                            で、これに関する地上波テレビのニュースは、いわゆる少女像、についてだけ触れて、上記の2作品には全く触れない。
                                                            なので、地上波テレビのニュースだけ見ている人は知らないでしょう。

                                                            県の税金を使って、そのような展示を行うのはどうなのか、という点と、そういう作品が有る事を隠したままトリエンナーレの開催を決定した点、などが問題であるとして、
                                                            大村愛知県知事をリコールする、という運動をしていらっしゃいます。


                                                            お金というものは、愛情を形にする為に有るのだ、と常々思って来たけれど、

                                                            お金持ちの高須院長のお金の使い方はお手本のような使い方なのではないだろうか。

                                                            金を稼いで金持ちになっていい暮らしがしたいとか、旨いもんが食いたいとか言っている人は、まず、自分がこの世に生きた証は一体なんなのか、自分の人生の目標がなんなのか、良く考えて、そのうえでそれに必要なお金を稼いでもらいたいと思うのです。

                                                            お金を稼ぐためにお金を稼ぐ様になってはもう、なんだかわかりません。

                                                            まず最初に人生の目標を定めてからお金を稼いでほしいものです。

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            かわいひでとしツイッター

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            | かわいひでとし | ライフ | 22:03 | comments(0) | - |
                                                            作る時間、与えられた時間
                                                            0

                                                              JUGEMテーマ:生きる

                                                               

                                                               

                                                              歌舞伎役者って、どうしてこう、次々に死んでしまうんだろう、と思った事が有る。

                                                              ずっと休み無しで働き続けているからかなあとも思う。

                                                              1か月のうち、25日間は舞台に立ち、残り5日くらいで何だのかにだのをやって、

                                                              休みらしい休みも無く生きているからなのだろうか、、、。

                                                              そういう自分もずっと長い間、休みというものは殆ど無く、毎日仕事ばかりしていた。

                                                              そうしたら、去年身体を壊してしまって入院してしまったのだった。

                                                              それがきっかけで、大幅に仕事を減らして、今では週休2日の楽な暮らしをしている。

                                                              みなさん、言っておきますが、1週間は7日しか無い。

                                                              7日しか無いのに、そのうち2日も休んでしまうという、

                                                              とんでもない事を平然とやっているみなさん。

                                                              平然とやっている上、さらに、もっと休みが欲しいとか何とか言っているみなさん、

                                                              いーかげんにしてください。



                                                              そういうわけで、1年に2日しか休みが無かった自分も身体を壊して入院しましたよ。

                                                              今の生活は本当に楽です。

                                                              これなら身体なんて壊しませんよ。

                                                              そんなことを思う今日はお休みです。

                                                              土曜日かと思ったら木曜日だった。

                                                              海の日だかなんだか知らんが、お休みで4連休だと言う。

                                                              明日は何の日かと思ったらスポーツの日だという。

                                                              昔は「体育の日」と言っていた、10月10日にあったあの休日なのだそうだ。

                                                              「体育の日」のほうが体育っぽくていいではないか。って、なんのこっちゃ。

                                                              なーーにが「スポーツの日」じゃ。

                                                              オリンピックを当て込んで今年は移動したのだそうだ。

                                                              「体育の日」と「スポーツの日」どっちがいいでしょうか。

                                                              自分は「体育の日」のほうが好きです。

                                                              そういえば、「大蔵省」を「財務省」に変更したのも気に食わない。

                                                              「大蔵省」と「財務省」どっちがいいでしょうか。

                                                              大蔵省のほうがええじゃないか。

                                                              聖徳太子の頃から有る言葉なんでしょうよ。

                                                              なんでまた、財務省なんかにしたのでしょう。


                                                              そんなわけで、このわけのわからん休日のせいで、4連休。

                                                              4連休でも外出自粛せよ、とのお達し。

                                                              寝る以外に能が無い。

                                                              休みが多ければ多いほど、人間はぐうたらになっていくのではないでしょうか。

                                                              時間は作るものだ、と言います。

                                                              休みが少なくても作れば時間はできる。

                                                              ぐうたらほど時間を作れないものです。

                                                              めでたしめでたし。




                                                              働き方改革ってなんなの


                                                               

                                                               

                                                               

                                                              Twitter

                                                               

                                                              @kawaihidetoshi

                                                               

                                                               

                                                              メンズエアロサークル(東京都内)

                                                              筋トレしかしていない人、
                                                              きつい有酸素運動をしたい人、
                                                              健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

                                                              スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

                                                              詳しくは↓こちらへ
                                                              http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                              | かわいひでとし | 世の中 | 13:17 | comments(0) | - |
                                                                  123
                                                              45678910
                                                              11121314151617
                                                              18192021222324
                                                              25262728293031
                                                              << October 2020 >>
                                                              + PR
                                                              + SELECTED ENTRIES
                                                              + CATEGORIES
                                                              + ARCHIVES
                                                              + 1
                                                              + a


                                                              かわいひでとし
                                                              ホームページへ



                                                              + MOBILE
                                                              qrcode
                                                              + LINKS
                                                              + PROFILE