かわいひでとし日記

晴耕雨読

思うこと、こころもち、脳内風景


,,,,,,,,,,
<< 何を守るためなのか | main | ヘタクソから学ぶ事 >>
睡魔
0

    JUGEMテーマ:趣味・日常生活

     

    昔、サーファーだった。

    サーファーとは名ばかりで、ちっとも上手くならんかった。

    「なんか、サーフィンっての流行ってるらしいよ」

    「やってみよ」

    みたいなノリで、わけわからんまま月賦でボード買って、

    毎週毎週千葉までサーフィンをしに行っていた。

    仕事が早めに終わった日には、夕方から日没まで、湘南まで行ってサーフィンしていた。

    いや、サーフィンをしていた、というよりは、練習していた、のであった。

    なかなか上手くならないのだ、、、、。

    千葉の波はでかかった。

    巻き込まれて海底に押し付けられる事も良く有った。

    そんなわけで、クタクタに疲れて帰るのだった。

    海から上がって、クタクタに疲れたあと、

    エアコンの効いたクルマに乗って運転していると、とてつもない睡魔に襲われる。

    あの、海から上がった後の睡魔ときたら、寝たら死ぬと言われても、とうてい抗えない睡魔なのだ。

    別に海に入った後でなくても、暑い所からエアコンの効いた部屋に入ると、猛烈な睡魔に襲われた事は無いだろうか。

    これが、海でクタクタに疲れた後だと、それはそれは恐ろしい睡魔に襲われるのだ。

    帰り道、到底我慢できず、クルマを止めて爆睡した事が何度も有った、、、。



    昔、ダイバーだった。

    ダイバーとは名ばかりで、実態は潜水夫だった。

    海だけでなく、川でも湖でも、地下水の中でも浄化槽の中でも、

    どこでも潜る仕事だった。

    その帰り道、夜の高速道路、、、、。

    恐ろしい睡魔に襲われるのだった、、、。

    志村けんの、タクシー運転手のコントみたいに、いくら目を見開いても堕ちるように寝てしまうのだ。

    海から上がった後の運転は気を付けねばならない。

    とにかく、あの睡魔という悪魔にはとうていかなわないので、

    冬山で遭難しないようにしなければならないと思う。
     

    志村けんのタクシーコント(笑)

     

     

     

    Twitter

     

    @kawaihidetoshi

     

     

    メンズエアロサークル(東京都内)

    筋トレしかしていない人、
    きつい有酸素運動をしたい人、
    健康寿命を延ばして若々しさを保ちたい人、

    スポーツクラブでは出来ない、ハイインパクトエアロビクス

    詳しくは↓こちらへ
    http://www.kawaihidetoshi.cafelatte.me/aero/aero000001.html

     

     

     

     

     

    | かわいひでとし | あれだのこれだの | 10:39 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 10:39 | - | - |









        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 1
      + a


      かわいひでとし
      ホームページへ



      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE